名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬!サイヤ人「ベジータ」フルボッコシリーズ徹底解説!

名作アニメ「ドラゴンボールZ」に登場するプライド高きエリート戦士サイヤ人「ベジータ」常に自信に満ち溢れた言動で幾つもの修羅場を潜り抜けてきました。しかしながら奮戦虚しくフルボッコにされた相手も数多くいます。そんな名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬、戦闘民族サイヤ人の王子にしてエリート戦士である「ベジータ」が今回の主役です。「ベジータ」がフルボッコにされた戦闘を徹底解説し、必殺技、声優、感想までを紹介していきます。

ドラゴンボールZ

「ドラゴンボールZ」は「ドラゴンボール」の続編で1989年~1996年まで約6年間放送されました。サイヤ人編から最終話まで放送されました。その人気は凄まじく日本のみならず世界40か国以上で放送され大人気となっています。

https://dragonball.news/

ドラゴンボールZ作品情報

「ドラゴンボールZ」作品情報を紹介していきます。「ドラゴンボール」の続編となり1989年よりスタートします。「サイヤ人編1989年~1990年」「フリーザ編1990年~1991年」「人造人間編1991年~1993年」「魔人ブウ編1993年~1996年」そしてテレビスペシャルとして1990年に「たったひとりの最終決戦~フリーザに挑んだZ戦士孫悟空の父~」1993年に「絶望への反抗!残された超戦士・悟飯とトランクス」が放送されました。劇場版として1989年「ドラゴンボールZ」1990年「この世で一番強いヤツ」「地球まるごと超決戦」1991年「超サイヤ人だ孫悟空」「とびっきりの最強対最強」1992年「激突!100憶パワーの戦士たち」1992年「極限バトル!三大超サイヤ人」1993年「燃え尽きろ!熱線・烈戦・超激戦」「銀河ギリギリ!ぶっちぎりの凄い奴」1994年「危険なふたり!超戦士はねむれない」「超戦士撃破!勝つのはオレだ」1995年「復活のフュージョン!悟空とベジータ」「龍拳爆発!悟空がやらねば誰がやる」2013年「神と神」2015年「復活のF」等、漫画やゲームが数多く存在しています。

http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/

ベジータ

「ベジータ」はサイヤ人の王子として生まれ、エリート意識や自尊心が非常に強く指図されるのが大嫌いな性格です。戦闘力が幼少期から高く上級戦士として惑星ベジータの名前をもらっています。天才的な素質を持ちながらも相当な努力家で、自身が強くなるためには凄まじい特訓をも惜しみません。戦闘スタイルはプライドや情熱に突き動かされ気高いプライドを持っていますが、敵の潜在能力を把握し悲観的になったり戦意を喪失する事もあります。「悟空」の永遠のライバルであるが魔人ブウ編では「自分以上の天才」と発言し「おまえがナンバー1だ」と認めています。

 
 

ベジータプロフィール

フルネーム

ベジータ4世

出身地

惑星ベジータ

種族

戦闘民族サイヤ人

身長

164㎝

体重

56㎏

趣味

トレーニング

嫌いなもの

ニョロニョロした物

ベジータ必殺技

名作アニメ「ドラゴンボールZ」に登場する戦闘民族サイヤ人の王子でエリート戦士「ベジータ」誰よりもプライドの高く戦闘を好む「ベジータ」が持つ必殺技についてを紹介していきます。

ギャリック砲

名作アニメ「ドラゴンボールZ」に登場する戦闘民族サイヤ人のエリート「ベジータ」の必殺技の中でも最も知名度の高い技で「ベジータ」版かめはめはと紹介されています。原作の「ドラゴンボールZ」でサイヤ人編で放った技です。未来トランクスと親子で「ギャリック砲」を放った事もあります。

連続エネルギー弾

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬エリート戦士「ベジータ」の必殺技の1つ「連続エネルギー弾」です。通称グミ撃ちと呼ばれています。「ベジータ」が最も得意とする技で数々の強敵に対して放っています。

ビッグバンアタック

名作アニメ「ドラゴンボールZ」のエリート戦士サイヤ人「ベジータ」の必殺技の1つは「ビッグバンアタック」です。人造人間編で放った技です。「ベジータ」が初めてスーパーサイヤ人になって登場し人造人間19号を圧倒し最後に決めた必殺技です。

ファイナルフラッシュ

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬「ベジータ」の必殺技の1つ「ファイナルフラッシュ」です。完全体となった「セル」に対して放った技です。エリート戦士「ベジータ」の数ある必殺技の中でも屈指の威力を持っています。

パワーボール

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬エリート戦士「ベジータ」の必殺技の1つ「パワーボール」があります。戦闘民族サイヤ人のみ使用できる技で人工的に月を作り上げる必殺技です。サイヤ人は月を見る事により大猿と変身する事が出来ます。その際、戦闘力は10倍になります。

名作アニメ「ドラゴンボール」心優しき人造人間8号「ハッチャン」徹底解説!心に響く名言と知られざる活躍とは?

 

ベジータフルボッコ

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬でサイヤ人のエリート戦士「ベジータ」そのビッグマウスで数々の修羅場を潜り抜けてきました。そんな噛ませ犬「ベジータ」のフルボッコにされた戦闘を紹介していきます。

ベジータVSザーボン

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」がフルボッコにされた相手は「ザーボン」です。「ザーボン」は「フリーザ」の側近の1人です。同じく側近であった「ドドリア」をあっさりと倒し調子に乗る「ベジータ」「ザーボン」と戦い終始優勢に戦いを繰り広げます。動きが止まってみえると豪語し余裕と自信で満ち溢れています。しかし、「ザーボン」が変身すると事態は一変します。「ザーボン」の眠っていた力を呼び起こした代償は、そう、「フルボッコ」でした。「ベジータ」は「ザーボン」に全く歯が立たず最後は湖にポイされています。その後の戦闘では勝利しています。

ベジータVSリクーム

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」がフルボッコにされた相手は「リクーム」です。「リクーム」は「ギニュー特戦隊」の1人です。「ベジータ」が猛烈な勢いで先制攻撃を加え連続エネルギー弾で吹き飛ばしたかに思えたが…全くダメージは受けておらず「リクーム」のお命頂戴の台詞と共に「ベジータ」を待っていたのは、そう…「フルボッコ」。赤子同然に「フルボッコ」にされます。「悟空」が登場するまでに見事な程の噛ませ犬っぷりを披露して下さいました。

ベジータVSフリーザ

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」が「フルボッコ」にされた相手は「フリーザ」です。「フリーザ」に関しては殺されちゃってます。しかし、後半はさすがと言わんばかりの噛ませ犬ぶりを発揮して頂いております。まず、「フリーザ」に勝てると勘違いした行動と自信に満ち溢れた言動が、恥ずかしすぎる。それは、最終型態となった「フリーザ」を相手に
「ここにいるのが、貴様の最も恐れていたスーパーサイヤ人だ!」
と力強く発言
「相変わらず冗談きついね、君は…。」
鼻で「フリーザ」に笑われます。そして、言わなくてもいいのに、
「フ…。ほざけ、スカウターがなかった事を感謝するんだな。もしスカウターで今の俺の戦闘値をみたら貴様は泣いてこの場を逃げ出すだろうぜ。なぜなら今や俺のパワーは貴様以上になっているだろうからな。覚悟しろフリーザ!今度こそ貴様もおしまいだ!」
さらに続けて
「どうした?怖くて何も言えんのか?フリーザさんよぉ?」
からのぉ~…「フルボッコ」最高の噛ませ犬「ベジータ」渾身の一撃も軽く弾き飛ばされ戦意喪失、そして、「フルボッコ」泣かされて「フルボッコ」見事なまでの言葉のブーメラン。素晴らしい戦いをありがとう。

ベジータVS18号

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」が「フルボッコ」にされた相手は「人造人間18号」です。この戦闘では、ほぼ互角の戦いを繰り広げます。「トランクス」も父「ベジータ」の善戦する姿に驚きを隠せませんでした。だが…緑のおじさん「ピッコロ」さんだけはいち早く「ベジータ」が殺される事を予知します。「ベジータ」は生身であり体力スタミナが次第に落ちているのを察知したのです。一方、18号は永久タイプ式なので戦闘力は永久に落ちません。徐々に体力が落ち戦闘力も下がり、遂にその時がやってきました…そぅ「フルボッコ」18号の強烈なキックが「ベジータ」の腕をへし折ります。腕を折られ泣き叫ぶ「ベジータ」息子の前でも「フルボッコ」悲しき噛ませ犬「ベジータ」。腕をへし折られてから泣き叫ぶまでの…「間」がえぇ感じでした。

ベジータVSセル

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」が「フルボッコ」にされた相手は「セル」です。自らを「スーパーベジータ」と称し「セル」を圧倒します。「セル」は完全体にさえなれればと悔しがります。その姿を見た「ベジータ」はあろうことか「セル」を完全体へと導こうとします。「トランクス」の制止を振り切り「セル」は完全体になってしまいます。ここまで来ると噛ませ犬の臭いがプンプン漂います。「スーパーベジータ」の渾身の蹴りが「セル」の頭にクリーンヒットします。しかし、全く効かず
「どうしたのだ?さっきまでの勢いは…笑えよベジータ」
と有名な台詞が飛び出します。「スーパーベジータ」がワナワナしだし「フルボッコ」の予感…ここで「ベジータ」の必殺技「ファイナルフラッシュ」炸裂。片腕を吹き飛ばし、勝利を確信し高らかに笑う「ベジータ」…「セル」は苦悶の表情から一転ニヤリと笑い「なんちゃって」と腕が復活します。愕然とする「ベジータ」にウォーミングアップと小バカにされてからの…そぅ…「フルボッコ」です。「セル」を完全体にし地球を危険にさらした戦犯。しかし、その噛ませ犬っぷりが際立ち見せ場をお作りになられた姿はさすが、一流の噛ませ犬「ベジータ」と思える戦いでした。

ベジータVSブウ

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」が「フルボッコ」にされた相手は「ブウ」です。名作アニメ「ドラゴンボール」の中でも最も「ベジータ」が光輝いており名作と名高い事で知られています。時間稼ぎの為に格上の「ブウ」を相手に果敢に挑みます。いつもの連続エネルギー弾と「クソッたれ~」の叫びと共に「ブウ」の下半身を吹き飛ばします。しかし、すぐに再生し…「フルボッコ」この「ブウ」編では、噛ませ犬ではなく男前な「ベジータ」感動的なシーンも多くあります。今までの「ベジータ」の言動や行動が感動を呼びました。

ベジータVSブロリー

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」が「フルボッコ」にされた相手は「ブロリー」です。「ブロリー」は劇場版アニメ「ドラゴンボールZ」「燃えつきろ!熱戦・烈戦・超激戦」に登場する伝説のスーパーサイヤ人です。この作品でも上級な噛ませ犬っぷりを披露されています。「ブロリー」と戦う前に
「伝説の超サイヤ人は オレが見つけ次第ぶっころしてやる! でしゃばるんじゃない!」
と発言、いざ戦闘になりその圧倒的な強さを前に絶望する「ベジータ」さらに、
「もぉ~だめだ…おしまいだぁ…」
とヘタレ発言し、完全に戦意を喪失してしまいます。そして、「ピッコロ」に頭をつかまれ
「消え失せろ!二度とその面見せるなぁ!!」
と、空中から捨てられています。そこで終わるはずがないのが「ベジータ」です。誇り高きサイヤ人
「俺がベジータだぁ~ちぁぁぁ~!」
さらに、
「サイヤ人の王子ベジータが相手だぁ~!」
からの…有名な
「ふわぁお…」
と岩盤に巨大なクレーターが出来る程、叩きつけられ力尽きます。

ベジータVSメタルクウラ

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」が「フルボッコ」にされた相手は「メタルクウラ」です。「ベジータ」の劇場版初のデビュー作品になります。「メタルクウラ」は「フリーザ」の兄でかつて「孫悟空」が倒した相手ですが、機械惑星ビックゲテスターにより復活しています。「孫悟空」の危機を救ったのが、「ベジータ」です。
「サイヤ人を甘く見るなよ」
とかっこよく登場し
「勘違いするなよカカロット俺はお前を助けに来たわけじゃないお前を倒すのは、この俺だからな」
とツンデレ発言からの…「フルボッコ」遠いナメック星まで来たのに「フルボッコ」かっこよく登場したのに…「フルボッコ」さすが、噛ませ犬「ベジータ」です。

ベジータVSアラレちゃん

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」が「フルボッコ」にされた相手は「アラレちゃん」です。「ドラゴンボール超」で登場します。世界一の発明を競う大会で最優秀賞に輝いたのが「アラレちゃん」の生みの親「則巻千兵衛」で、「ベジータ」は用心棒とし雇われていました。式に呼ばれなかった「則巻千兵衛」のライバルである「マシリト」が地獄から脱獄し「アラレちゃん」に遊び心を100倍にする薬「アソビタインX」を飲ませます。「アラレちゃん」に会場を破壊されるのを阻止する為に「ベジータ」が立ち向かいます。しかし、一発で吹き飛ばされ「ベジータ」は大人げなく子供相手に容赦なく攻撃し空の彼方へと吹き飛ばします。しかし、全く効いておらず「ベジータ」はある事に気付きます。
「このデタラメな強さは恐らくギャグ漫画のキャラ」
と発言し、
「このガキいつの間に地球1周しやがった…やはりこいつ、ギャグ漫画のキャラだな。常識が、まったく通用せんぞ。 バトル漫画の戦い方のままでは、らちが明かん…。」
と思い「UFO」と嘘を付き卑劣な攻撃をして「アラレちゃん」の 顔が取れロボットであることが分かります。その後は「アラレちゃん」の反撃にあい
「き… 貴様ギャグで物理法則を無視するのは反則」
と言い放つも「フルボッコ」にされてしまいます。最後は「ベジータ」の存在を忘れられ、
「二度とギャグ漫画の奴とは戦わん」
と呟きます。ほぼギャグ漫画で面白い回として知られています。

名作アニメ「ドラゴンボール」最強の技「魔封波」考案者「武泰斗」徹底解説!強さ考察と知られざる活躍とは?

ベジータの声優

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬「ベジータ」誇り高き戦闘民族サイヤ人にして王子。自ら最強を名乗り誰よりもプライドが高く自信過剰な「ベジータ」そんな愛すべき「ベジータ」の声優を紹介します。

堀川りょう

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」役は「堀川りょう」さんです。1958年生まれの俳優で声優です。幼少より子役として活躍されています。1967年の時代劇「鞍馬天狗」の杉作少年を演じ注目を浴び、数多くの時代劇に出演されています。声優としてのデビューは1984年「夢戦士ウィングマン」の広野健太役です。本作品の「ベジータ」役をきっかけに「名探偵コナン」の「服部平次」など「ライバル」役を演じる事が多くなりました。その後、数多くの作品で存在感のある演技で活躍されています。インターナショナル・メディア学院学院長も務めています。

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬!サイヤ人「ベジータ」フルボッコシリーズ徹底解説!まとめ

いかがでしたか?名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬サイヤ人「ベジータ」フルボッコシリーズを徹底解説していきました。サイヤ人のエリート戦士「ベジータ」の存在が「ドラゴンボールZ」になくてはならない存在であることがよく分かりました。愛すべき噛ませ犬「ベジータ」彼の自身に満ち溢れた言動は時に地球を危険にさらし、時に笑いを生むという事を身をもってご教授して下さいました。永遠のライバル「孫悟空」に勝つ為に定職に就かず毎日トレーニングするニートでブルマのヒモ「ベジータ」そんな父を持つ息子「トランクス」はどぅ思っているのか?そして僕のお父さんという作文はどぅ書くのだろう?と心配になります。当初は残忍な敵であり、Z戦士達を殺す程の性格でした。かなりツンデレな発言も多くあり、後半はキャラ設定が完全に崩壊しています。このⅯ字ハゲは…いや「ベジータ」は誇り高き戦闘民族サイヤ人の王子にして孤高の戦士、「ピッコロ」からライバルポジションを奪い取り、その自意識過剰な振る舞いで常に危険を持ち込む戦犯であり、毎回フルボッコにされ見せ場を作る永遠の二番手。彼の功績は偉大で「ドラゴンボール」をより一層面白くする要因を作りあげています。名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬「ベジータ」に注目してご覧になってみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。