名作アニメ「北斗の拳」南斗5車星最強の拳士「ジュウザ」徹底解説!名言と強さを考察!

名作アニメ「北斗の拳」に登場するジュウザは南斗5車星最強の拳士です。ラオウに敗れはしたものの北斗の拳の中でも最も人気の高いキャラクターの一人でもあります。今回はそんな南斗5車星最強の拳士ジュウザについて徹底解説していきます。ジュウザとユリアの関係やジュウザの最後、雲のジュウザの名言、そしてジュウザの強さを考察していきます。知られざるジュウザに迫ります!

北斗の拳

名作アニメ「北斗の拳」は原作、武論尊・原哲夫による作品で1980年代の「週刊少年ジャンプ」黄金期を支えた看板作品でもあります。一子相伝の暗殺拳「北斗神拳」伝承者「ケンシロウ」の戦いを描いたハードボイルドアクション作品です。

http://www.hokuto-no-ken.jp/

北斗の拳作品情報

北斗の拳は1983年~1988年まで「週刊少年ジャンプ」に掲載された大人気の作品です。1984年~1987年に「北斗の拳」として1987年~1988年まで「北斗の拳2」としてアニメ化されています。1986年には劇場版が公開されています。2003年~2004年にOVA「新北斗の拳」「真救世主伝説北斗の拳」があります。2006年に映画、第一部にラオウ伝殉愛の章。2007年に第二部ユリア伝。第三部に映画ラオウ伝激闘の章。2008年に第四部トキ伝。2008年に第五部として映画ZEROケンシロウ伝があります。北斗の拳の単行本はジャンプ・コミックス全27巻。その後も様々な媒体で刊行され続けています。日本国内だけでなく海外でも人気が高く、累計発行部数は全世界で1億部は突破している作品です。

名作アニメ【北斗の拳】「元斗光拳」最強の男…「ファルコ」の名言と強さを考察!

ジュウザ

ジュウザは南斗五車星の1人で、雲のジュウザと呼ばれています。ユリアとリュウガの異母兄弟でもあります。かつてユリアに恋するが、それが決して実らないことを悟ると、雲のような自由気ままな生活を送ります。我流の拳の使い手でありその才はラオウも認めた程です。拳王軍とユリアに迫る事を知ると奮起し、ラオウとの決戦に挑みます。一度目の対戦でラオウの愛馬・黒王号の奪取し足止めに成功します。二度目の対戦では死を覚悟した決死の秘策さえも見破られ敗北しました。

南斗5車星とは?

雲のジュウザは南斗5車星の一人です。南斗5車星とは、南斗六星のひとつ「慈母星」を持つ南斗聖拳正統血統者であるユリアを守護する五人の事です。それぞれ海・山・雲・炎・風の五星の戦士により構成されています。南斗聖拳の流れを汲んでいますが、南斗聖拳108の流派にも含まれてはいません。南斗5車星のメンバーは腕に五つの星の刺青を持ち、それぞれが一個師団を従えています。

名作アニメ「北斗の拳」世紀末覇者拳王こと「ラオウ」徹底解説!撃破した強敵と強さ考察!心に響く名言とは?

ジュウザとユリアの関係は?

ジュウザとユリアの関係について、ユリアは南斗聖拳正当伝承者です。ユリアとは幼少期から共に暮らしており、いつしかユリアに心惹かれていくようになります。密かに恋心を抱くジュウザでしたが、ユリアが腹違いの兄妹であることを告げられ、叶わぬ恋と悟り、以後は雲のような自由気ままな暮らしを送るようになりました。

ジュウザとリュウガの関係は?

ジュウザとリュウガの関係について、リュウガは拳王配下の将軍であり、ユリアの実兄です。原作において彼らの絡みはありません。外伝シリーズにおいてはジュウザとリュウガが共演するシーンがあります。そして、リュウガの方が年上であり、ジュウザは義弟である事がわかっています。

ジュウザの息子

名作アニメ「北斗の拳」に登場する南斗5車星最強の拳士ジュウザ。実はショウザという息子がいます。それは、北斗の拳30周年に際して描かれた新エピソード「北斗の拳-LASTPEACE-」にて登場しています。虚無となったケンシロウのお世話をしています。村が襲撃されケンシロウに報告するが、もはや戦う気力を失ったケンシロウを見て全てを悟ります。そして、父と同じく自由気ままな生活をすると誓います。しかし、その後は子供達を救いに行くと決意し、数百はある敵陣へと向かい壮絶な最後を迎えます。亡骸となった姿を見たケンシロウは再び闘志を取り戻した。ジュウザとの親子共演は実現しなかったが、ジュウザと黒王号との交流が描かれています。

ジュウザとケンシロウ

ジュウザとケンシロウについて、二人の絡みはありませんが、フドウとタンジ・ジロ兄弟を救う為に、ヒルカと対戦したケンシロウを見て、この男こそが、異母妹であり、南斗最後の将であるユリアを任せるに値すると見届けた後、ラオウとの決戦に向かいました。

ジュウザと黒王号

ジュウザと黒王号について、当初、黒王号はラオウ以外の人物を乗せる事はありませんでした。ジュウザはラオウの足止めを第一の目的と考えていました。フドウ配下の兵達と共にラオウを欺き、ラオウの足となる黒王号を奪取する事に成功します。その際、黒王号がジュウザを拒否して振り落とすことはありませんでした。黒王号がラオウ以外を認めた最初の人物となります。

名作アニメ「北斗の拳」華麗な技を持つ男「トキ」徹底解説!心に響く名言や驚愕の生き様とは?

ジュウザVSラオウ

ジュウザとラオウの戦いについて、ジュウザは南斗最後の将の正体を知ると自分の命を賭けるに値するものであるとして、南斗5車星としての宿命に目覚めます。ラオウとは二度対戦しており一度目の対戦ではラオウの足となる黒王号を奪取し足止めに成功しました。実はこの時ラオウの攻撃を受けておりその強さを肌で感じたジュウザは死を覚悟していました。そして、ラオウとの決戦でのジュウザの覇気は凄まじく、最初の一撃でラオウの兜を割る程のものでした。それを見た、ラオウはケンシロウと対峙した際、格下と見て黒王号から降りなかったが、この時はジュウザの実力を認め、全力で戦うわなければならないと判断し即座に地上に降りた程です。ラオウに敗れはしたもののラオウに傷をつけた数少ない拳士の一人です。

ラオウの秘功 解唖門天聴

解唖門天聴とは自分の意思に関係なく全てを自白してしまう秘功です。逆らえば全身の毛根から血を吹き出し死に至る。恐ろしい秘功です。

ジュウザの最後 原作

ジュウザの最後について、ラオウを倒す為に防具を捨て自らを背水の陣に追い込みます。そして、体に油を塗りラオウの一撃をかわすという奥の手を使い最高の一撃に全てをかけます。作戦通りにラオウの一撃をかわし、ジュウザの奥義「撃壁背水掌」を繰り出し強烈な一撃を与えます。勝負あったかと思われたが、ラオウはジュウザの攻撃を全てを見切り寸前に肩にある秘功鏡明を突き、致命傷を避けました。結果ラオウを倒す威力はありませんでした。ジュウザの腕は破壊され、最後に己の命と引き換えに腕一本を破壊しようしますが、ラオウの底力を見誤り、失敗に終わります。そして、ジュウザはラオウに秘孔解唖門天聴を突かれてしまいます。最後の将の正体を聞き出そうとするが、激痛に耐え瀕死の状態になりながらも、最後まで自白せず、ラオウに対して悪態をつき最後を迎えます。ラオウはジュウザを認め敵ながら丁重に葬っています。

ジュウザの最後 アニメ

アニメ版ではラオウに秘孔解唖門天聴を突かれてた後も戦いが続きます。土を蹴り上げて目くらましにしたり、口に含んだ血を噴き出して目潰しを行うなどの戦術が追加されました。そして、最後はラオウの北斗百裂拳を受けながらも、ラオウに立ち向かい傷を負わしています。ジュウザは息絶えていましたが、ラオウに立ち向い死してなお意地を貫き通しました。

名作アニメ「北斗の拳」世紀末覇者拳王こと「ラオウ」率いる拳王軍の部下とは?

ジュウザの奥義

変幻自在の拳でラオウを翻弄したジュウザの奥義を紹介していきます。

我流拳

ジュウザの拳は我流の拳法、無形で邪拳であるが故に読めない動きをします。この拳でラオウの兜を割っています。

撃壁背水掌

ラオウを倒さんとする為、最高の一撃にかけた技です。肩の秘功を付かれ必殺の一撃にはなりませんでしたが、それでもラオウに確実なダメージを与えました。

名作アニメ「北斗の拳」龍虎と称された男「コウリュウ」徹底解説!北斗の掟を守る番人の強さと過去とは?

ジュウザの心に響く名言

名作アニメ「北斗の拳」に登場する南斗5車星最強の拳士ジュウザの心に響く名言を紹介していきます。

俺はあの雲のように自由きままに生きる

雲のジュウザらしい名言です。自由気ままな暮らしを送ってきたジュウザの名言です。

おれは雲!おれはおれの意志で動くざまあみたかラオウ!!

ラオウの黒王号を奪った時の名言です。ラオウを翻弄した際にでたジュウザらしい名言です。

これが雲のジュウザの生き方よ!!

ジュウザの生き方はようで誰もが憧れるかっこいい名言でもあります。

雲ゆえの気まぐれよ

まさにジュウザ。気まぐれな人生を送るジュウザの名言です。

おれはこうやって毎日 楽しく遊んで暮らす!自由気ままにな!!

なんてクズ発言だと怒りを覚える名言です。世の汗水流して働く方々誰しもが抱いた事でしょう。

ジュウザの強さ考察

ここでジュウザの強さについて考察していきます。ジュウザは南斗5車星最強の拳士として知られています。その理由はやはりラオウとの決戦があげられます。南斗5車星の中で唯一ラオウにダメージを与えた男です。他の方々は無惨にもラオウにダメージすら与える事なく剛拳の前に散りました。かつてリュウケンがトキやラオウと並ぶ程の天賦の才の持ち主だと語っていました。恋心を抱いた相手がユリアでなければ…また放浪癖もなく日々鍛練していれば、ラオウと互角に渡りあえたのではないでしょうか?何年も放浪し自由奔放に生きてきた彼の人生と修羅の道を歩んできた覇王ラオウとの差は歴然だが、ブランクがあるにもかかわらず圧倒的な強さを誇るラオウを本気にさせた事、それ事態が彼の偉業だといえます。仮にストイックに修行に励んでいればラオウを超える強さであったと考察出来ます。

名作アニメ「北斗の拳」南斗5車星最強の拳士「ジュウザ」徹底解説!名言と強さを考察!まとめ

南斗5車星最強の拳士ジュウザ。彼の功績はラオウを足止めした事です。そして、あの拳王ことラオウを本気にさせた事も功績のひとつといえます。奥の手も見破られ必殺の一撃にはならずとも一撃で粉砕された他の戦士と違い立派に見せ場を作っています。また雲のように生きた彼の生き方を全貌の眼差しで見ていた当時の子供達からも絶大な支持を得ていました。しかしながら今思うと…ジュウザってニートでヒモ…そして恐ろしく自己中心的なヤバイ奴やん…と思ってしまいました。しかし、雲と掛け合わせその辺はうやむやになっていますが、事実「北斗の拳」ではかなり人気の高いキャラクターです。ラオウに最後まで口を割らなかった事や死して尚立ち向かう雄姿に感動を与え勇気をもらいました。…ただ最後に「望むものが我が将」と答えのような余計な一言残してますが…。「北斗の拳」でも最も人気の高い南斗5車星最強の拳士「ジュウザ」に注目して「北斗の拳」を楽しんで観てはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。