名作アニメ「幽遊白書」ツンデレ飛影の黒歴史!飛影の過去と強さを考察!心に響く名言とは?

名作アニメ「遊幽白書」かつて週刊少年ジャンプに連載されていた大人気漫画です。その中でも最も人気の高い人物の1人「飛影」今回は「飛影」について徹底解説していきます。

「飛影」の過去や強さを考察、そして骸との関係について紹介していきます。飛影はツンデレ?と囁かれているのを検証し飛影の黒歴史や名言を紹介していきます。ツンデレキャラで黒歴史のある知られざる「飛影」について迫ります!

https://www.yu-haku.com/

遊幽白書

名作アニメ「遊幽白書」は、冨樫義博さん原作の漫画作品です。主人公の浦飯幽助を中心に仲間達の友情やバトルを描いた作品となっています。

遊幽白書作品情報

名作アニメ「遊幽白書」の作品情報について紹介していきます。「遊幽白書」は週刊少年ジャンプにて1990年から1994年まで連載された漫画です。

1992年にアニメ化され1995年まで放送されていました。1993年には劇場版「遊幽白書」1994年に「遊幽白書 冥界死闘編 炎の絆」が公開されています。また、1993年に第39回小学館漫画賞受賞されています。単行本の累計発行部数は5000万部を越えています。

遊幽白書あらすじ

名作アニメ「遊幽白書」のあらすじを紹介します。皿屋敷中学校に通う14才の浦飯幽助は、子供を守り事故死してしまいます。

しかし、霊界では浦飯幽助が死ぬ事にはなってらおらず復活する為、霊界獣の卵を羽化させる試練を受けます。

本来ならば卵が先に羽化するはずが、浦飯幽助の方が先に復活してしまい、霊界探偵となります。その後、数々のバトルを通して仲間達と出会い友情を深め成長していく物語です。

名作アニメ「NARUTO~ナルト」伝説の3忍の1人「自来也」徹底解説!強さ考察から心に響く名言とは?

飛影

名作アニメ「遊幽白書」に登場する「飛影」は、氷女の一族で双子の妹の雪菜がいます。元は魔界でも知られた盗賊です。妖怪八つ手との戦い蔵馬と出会い、蔵馬と剛鬼と共に霊界の三大秘宝を盗み出した。秘宝奪還の命令を受けた幽助と戦い敗北、その後、司法取引にて幽助に協力する事となります。

俊足で高速剣術と黒炎の使い手であり圧倒的な強さを持つ。彼の目的は双子の妹を探す事と母の形見を探す事でした。ツンデレな一面を持つことで知られています。

名作アニメ「ドラゴンボール」歴代「ナメック星人」とその戦闘力とは?

飛影の過去

ツンデレ飛影の過去について見ていこぅ!飛影は氷女(こおりめ)という妖怪一族です。母親は「氷菜」、兄妹に双子の妹の「雪菜」がいます。本来、氷女一族は「分裂期」に女児のみを単為生殖の形で産むとされています。しかし、母「氷菜」は禁を破ってしまい生まれるはずのない男児が誕生します。それが、後の「飛影」です。「飛影」は不吉な存在「忌み子」と呼ばれ呪符に巻かれ捨てられました。その後、盗賊に拾われ「飛影」と名づけられました。「飛影」はメキメキと頭角を表し数年でA級妖怪にまで成長します。

しかし、ある戦いで、油断し母親の形見である氷泪石を失くしてしまいます。自分を捨てた母親の一族に復讐する事と形見の氷泪石を探す為、魔界整体師「時雨」に邪眼の移植手術を頼みます。その際にかかる手術代は妹を見つけたとしても兄と名乗らない事でした。そして、手術の副作用としてで妖力がD級にまで落ちました。この時、見かねた「時雨」が剣術を伝授しています。その後、氷泪石と妹を探し人間界にやってきたところ、蔵馬と出会い幽助達と出会い活躍していきます。

飛影の戦績

幽遊白書の中でも圧倒的な強さを見せた「飛影」苦戦する描写も少なく主人公の幽助と並ぶ強さを誇っています。

キャラが定まっておらず黒歴史もある飛影ですが、作中では圧倒的な強さを誇っていました。そんあツンデレ「飛影」の戦績について紹介していきます。

飛影VS浦飯幽助

この戦いにおいて「飛影」は敗北しています。無口でツンデレキャラとして知られていますが、この戦いでの飛影は捨てキャラだった可能性が高く、飛影の迷走時期でもあり黒歴史でもあります。変身と見事なまでの捨て台詞でキャラを崩壊させていました。結果は敗北。

飛影VS青龍

四聖獣のナンバー2の実力者の青龍と戦います。青龍はナンバー2の実力者だけの事はあり数秒間に100発という冷気の拳を繰り出す事出来ます。この拳は朱雀だけが見切れていた。飛影は序盤に追い詰められ足と腕を凍らされています。しかし、飛影は青龍を遥かに凌駕するスピードで瞬殺し圧勝しました。その際数十回斬られているのにも気付かなかった。幽助ですら半分しか見切れておらず、桑原に関しては全く見えていませんでした。

飛影VS垂金

垂金は大富豪の賭博団体BBCの一員であり、雪菜を捕らえ拷問にかけ氷泪石を無理やり作らせていた極悪非道な人物です。雪菜奪還の為、幽助達が乗り込み垂金は戸愚呂兄弟を送り込みます。そこで侵入者が勝つか戸愚呂兄弟が勝つかを賭けにして儲けようと企みます。

そこで、唯一侵入者が勝つ方に66兆200億という大金を掛けていたのが右京でした。結果は戸愚呂兄弟は敗れ右京の一人勝ちとなりました。しかし、戸愚呂兄弟の敗北は右京が仕組んだものでした。垂金は破産しますが、雪菜の氷泪石さえあれば再起を図れると逃げだそうとしますが飛影に捕まりフルボッコにされています。

飛影VS是流

暗黒武術会の六遊怪チームのメンバーの一人です。炎の使い手でその実力は飛影も認めていました。この戦いで飛影の必殺技「邪王炎殺黒龍波」を初披露しました。飛影は是流の実力を認めながらも是流の技を火遊びとディスったり右腕だけで十分とし「邪王炎殺黒龍波」で影だけにしていました。

その後、右腕は使い物にならない代償を負う。右腕だけで十分と発言したのにも関わらず右腕やられてますやん飛影さん…。という不可解な現象は触れてはならないのである。

飛影VS魔金太郎

魔金太郎は暗黒武術会の裏御伽チームのメンバーの一人です。この戦いで後世語られる事になる有名なセリフ「残像だ」が出てきます。試合開始直後、飛影は瞬時にして魔金太郎の片腕を斬り落とします。その速さは斬られた魔金太郎すら気づかなかった。腕を斬り落とされた魔金太郎は激昂し斧を飛影に振りかざします。

しかし、飛影は既に魔金太郎の肩に乗っており、魔金太郎が斬ったのは飛影の残像でした。ここで出たのが有名なセリフ「残像だ」です。飛影は「残像だ」と言い残し魔金太郎の脳天を串刺しに圧勝します。

飛影VS黒桃太郎

暗黒武術会の裏御伽チームのメンバーの一人です。闇アイテム奇美団子を使用し三形態へと変化しました。

一度攻撃を受けるとその攻撃よりも強くなる能力の持ち主で飛影の攻撃を無効化し苦戦を強いられていました。最後は折れた剣で「邪王炎殺剣」を放ち一刀両断しました。苦戦を強いられるも最後はやはり瞬殺でした。

飛影VS武威

暗黒武術会の戸愚呂チームのメンバーの一人です。全身を鎧に包まれ寡黙な戦士です。巨大な斧を刀剣と同等のスピードで扱う事ができる。飛影の強さから鎧を脱ぎ本気で戦い互角の死闘を演じた。飛影の必殺技「邪王炎殺黒龍波」を唯一跳ね返された相手でもあります。

しかし、黒龍を喰った飛影には足下にも及ばず一撃で粉砕されています。武威の強さは本物のでしたが後半はキャラが崩壊し顔芸に走りネタにされるという悲しい事故を起こしています。

飛影VS海藤

仙水編に登場した海藤、彼の能力は「禁句」言ってはいけない言葉を任意で決める事が出来ます。その領域は10m程ですがルールを破ると魂を抜かれてしまいます。ルールが適用中はあらゆる攻撃を無効化する事が出来ます。飛影が斬りかかった際はバリアで守られ剣が折れていました。

尚、この戦いではルール破り魂を抜かれているので敗北。クールで冷静な飛影が海藤の挑発に乗りまんまと罠にかかる飛影さんでした。

飛影VS刃霧

仙水編に登場した仙水ファミリーの一員です。狙撃という能力を持ち仙水と共に幽助のマンションを襲撃しました。

仙水を逃がす為、タンクローリーに狙撃能力を使用し幽助を倒そうとします。ここで現れたの飛影です。刃霧は飛影に狙撃能力で応戦するが飛影は全弾回避し剣で倒し圧勝した。その際、急所をわざと外していました。

飛影VS浦飯幽助

仙水編にて幽助の力を試す為、襲撃します。互角の戦いを繰り広げる展開となり引き分けとなります。

飛影VS仙水

仙水と戦い、飛影の必殺技「邪王炎殺黒龍波」を2発も放つが全く通用せず敗北しています。

飛影VS時雨

飛影に邪眼の手術を行った魔界整体師で剣術の師匠であもある。飛影に頭部を真っ二つに切断されるが飛影もまた腕を失う重傷を負い相討ちに終わります。その後は躯により蘇生されています。

飛影VS躯

魔界の三大妖怪と呼ばれる程の強さを持っています。雷禅の死後、戦になると予期し飛影を自国にスカウトした人物です。魔界統一トーナメントで戦い躯の圧倒的な強さ前に為す術なく敗北しています。

名作アニメ「ドラゴンボールZ」の噛ませ犬!サイヤ人「ベジータ」フルボッコシリーズ徹底解説!

飛影の強さ考察

当初は捨てキャラとして登場していたツンデレ飛影ですが、四聖獣編にてキャラ変し大人気となる。その圧倒的な強さをは本物で、数多くの強敵を瞬殺していました。戸愚呂が登場する暗黒武術会編ではB級の強さでB級上位の戸愚呂には勝てないでいました。

仙水編の仙水に完敗した時点では仙水がS級でした。魔界統一編では実力を上げA級上位の時雨と相討ちとなっています。元々、魔界にいた邪眼手術前はA級だったので力が元に戻った程度と推測。その後、躯に敗北しますが、その強さはS級クラスにまで成長していたものと考察出来ます。

飛影の必殺技

  • 邪王炎殺剣(じゃおうえんさつけん)
  • 邪王炎殺煉獄焦(じゃおうえんさつれんごくしょう)
  • 邪王炎殺黒龍波(じゃおうえんさつこくりゅうは)

飛影と躯

飛影と躯の関係について、躯が飛影の力を認めスカウトしたのが初めての出会いでした。飛影も、鍛錬の場であるとして、手を組みます。そして、躯の片腕となり共に行動する事になります。飛影VS躯が戦った際は「お前とはもう、戦わない」と発言するなど躯も飛影を認めている事が分かります。躯が転寝をしている部屋に自由に出入りできるのは飛影だけです。

「SPECIAL DAY」は躯が年に一度に鬱になる原因を解消する為、蔵馬から魔界の花ヒトモドキを調達し、痴皇にヒトモドキに寄生させ、植木鉢状態にした。「ハッピーバースディ」の言葉と共に植木鉢状態のまま痴皇を躯の部屋まで届けています。そして、躯にかけられていた痴皇の復讐防止の催眠術を解除しています。 原作では、性的虐待のトラウマを持ち苦しんでいた躯を飛影が助けていますが、アニメ版では、玩具奴隷が不適切だということで、囚われの身となり魔界統一トーナメントで飛影が躯の過去を払拭する内容に変更されています。

名作アニメ「じゃりん子チエ」の「竹本テツ」豪快伝説と憎めない魅力!名言とは?!

ツンデレ飛影

飛影はツンデレキャラとして知られています。時には「別に貴様らを助けたわけじゃない!かんちがいするな!」と完璧なツンデレ発言をしています。飛影が素直になれないことを完全に認識している蔵馬はツンデレ飛影をからかうのを楽しんでいる事があります。

それは皆でトランプを楽しんでいる時、蔵馬が飛影に「楽しいですよ」と誘ったり、桑原が雪菜の兄探しのことを話した瞬間に「ほぉぉお!それは大変だ飛影!オレたちも手伝おうじゃないか!」とわざと煽ったり、ヒトモドキを貰った際は、「痴話喧嘩ですか?」等、からかっています。その時の飛影の返答は「殺すぞ」でした。このように、プライドが高くツンデレなのです。どこぞのM字ハゲとかぶっていると、あれこれ詮索してはならないのである。

飛影の黒歴史

飛影は浦飯幽助と戦った際に変身する能力を持っていました。その変身した姿は…緑色に変色し体中に目が付いているという衝撃的な姿でした。初期の飛影はキャラが定まっておらず綱渡り状態であった考えられる。後に人気ナンバー1になるとはこの時誰も知る由はなかった…。ベジータに倒された変身すると醜い姿になるあのお方は惨めな最後を迎えましたが…飛影は違います。

飛影は変身事態が無かった事になっているのである。そして、初期の頃はハイテンションです。「俺が何もしないで女を返すと思ったのか!ボケがぁ!!」という有名なセリフはもはや死亡フラグが立っている雑魚のようである。こんなセリフと緑色に変色し体中に目をいっぱい付けた飛影さん。その目を持ってしても自身が黒歴史となる未来は見えなかったのでしょう…。

使い魔

飛影には朱雀のように使い魔がいました。使い魔は情報を収集し逐一報告するといった雑用を従順にこなします。手のひらサイズの小さな悪魔で、肩に乗ったりしていました。

肩に兄貴を乗せるゴリマッチョグラサンも登場しますが…それはさておきその小さな使い魔ですが、これもまた無かった事になっています。こいつを使えば仙水や雪菜の居場所もすぐ分かるのでは?…と考えてはいけません。

名作アニメ「天空の城ラピュタ」知られざる「パズー」の親方「ダッフィー」徹底解説!心に響く名言や名シーンとは?

飛影の名言

名作アニメ「幽遊白書」に登場する飛影。クールで圧倒的な強さを誇る飛影の名言を紹介していきます。飛影の生き様が表れている名言で飛影らしさが詰まっており、名言と共に飛影人気が高まりました。飛影でしか出来ない名言の数々を早速見ていきましょう!

死にたきゃ勝手に死ね…俺は指図されるのが嫌いでな

別に貴様らを助けたわけじゃない。かんちがいするな。頭数がいた方がヤツらを倒しやすいのはオレも同じだからな。

残像だ

邪眼の力をなめるなよ

どうせ死ぬなら戦って死ぬ。あいつとな。

名作アニメ「北斗の拳」世紀末覇者拳王こと「ラオウ」徹底解説!撃破した強敵と強さ考察!心に響く名言とは?

飛影の声優

名作アニメ「幽遊白書」に登場する飛影。クールで人気の高い飛影の声優について紹介します。ツンデレキャラでありながら特徴的な声は飛影にマッチしており飛影の魅力をさらにアップさせてくれています。飛影の声優は「檜山修之」さんです。飛影の声優について迫ります。

檜山修之

名作アニメ「幽遊白書」に登場する飛影役を担当しているのは「檜山修之」さんです。「檜山修之」さんは1967年生まれの声優です。1989年のOVA「かいけつゾロリ」のミイラ男役で声優デビューされています。二枚目や熱血漢、クールな役、三枚目役、冷徹な悪役や等、様々な役柄を演じ数多くの作品に出演されています。
声優の森川智之さんと仲が良く、イベントやラジオ番組を何度か共演されています。代表作は「勇者王ガオガイガー」の獅子王凱役です。現在は声優専門学校や声優養成所で、講師として後進の育成に尽力されています。

名作アニメ「幽遊白書」ツンデレ飛影の黒歴史!飛影の過去と強さを考察!心に響く名言とは?まとめ

名作アニメ「幽遊白書」に登場する飛影には知られざる黒歴史と過去がありました。彼は孤高の戦士でありながら実は寂しがり屋のツンデレでした。その桁外れの戦闘力は幽遊白書の中でも屈指の強者である。ツンデレ発言と彼の寝顔にやられた女子は数知れず…。しかしながら忘れたい黒歴史は彼の汚点となり一生付いて回る事でしょう。

この汚点はどこぞのM字ハゲにはない汚点である。そんな汚点を挽回出来るだけの力を持っているのが「飛影」なのです。彼の名言は当初からは想像出来ない程、多くのファンを魅了しました。そのとって付けたような過去も何となくそれなりに繋がっており無理矢理感は薄い。

飛影の功績はそれまで女性ファンを多く引き込んだという事が挙げられます。未だに衰えぬ人気を誇る「幽遊白書」ですがツンデレキャラ「飛影」に注目して再びご覧になって観てはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。