名作映画「火垂るの墓」あらすじネタバレと感想

毎年、放送される名作映画「火垂るの墓」戦時下の中で必死に生きようとした14歳と4歳の兄妹の物語で、日本のみならず海外でも高い評価を得ています。今回はそんな日本屈指の名作映画「火垂るの墓」についてをまとめました。「火垂るの墓」のあらすじから登場人物、原作を紹介し、「火垂るの墓」の感想に至るまでの記事です。この記事はネタバレを含んでいますので閲覧注意が必要です。

名作映画「硫黄島からの手紙」名言とネタバレ感想 

火垂るの墓とは?

映画「火垂るの墓」とは、野坂昭如さん原作の短編小説です。自身の戦争体験を題材とし、終戦前後の混乱した時代に親を亡くした14歳の兄「清太」と4歳の妹「節子」の物語です。兵庫県西宮市近郊を舞台としたこの作品は妹に対する「愛情」と虚しく死を迎える「無情」が交錯し、命を蛍に例え儚くも消えた幼い兄弟達の鎮魂の為の作品です。

火垂るの墓作品概要

映画「火垂るの墓」とは、1988年に公開されました。スタジオジブリ製作によるもので映画「となりのトトロ」と同時上映されています。キャッチコピーは糸井重里による「4歳と14歳で生きようと思った」です。高畑勲監督自身が断言しておられます。本作品は心中物として描いており、清太と節子が社会から隔離した状態が現代社会と酷似しているのではないかと述べています。

名作映画「となりのトトロ」名言とあらすじネタバレ感想

火垂るの墓あらすじネタバレ

「火垂るの墓」のあらすじを紹介していきます。日本のみならず海外でも高い評価を得た「火垂るの墓」そして涙失くしては観れない名作映画でもあります。ここではネタバレも含んでいますので閲覧注意が必要です。

1945年三ノ宮駅構内

1945年9月21日、僕は死んだのフレーズで物語は始まります。それは三ノ宮駅構内で行き倒れた清太14歳の姿でした。清太の所持していた物は錆びたドロップの缶でした。駅員が投げ捨てすると小さな骨の欠片が飛び散ります。二匹の蛍が寄り添うように飛び、清太と節子の人生が走馬灯のように甦ります。

昭和20年神戸大空襲

昭和20年6月清太の住む街、神戸に空襲警報の、サイレンが鳴り響きます。清太は大事な物だけをまとめ、持病のある母を先に避難させます。そして、幼い妹節子4歳をおぶって逃げます。しかし、火の手に遮られ危ぶまれたが危機を脱し母の避難する小学校へ向かいます。

母の死

小学校へ着くと母の姿はなく、呼び止められた清太が案内された場所に行くと包帯姿の母がいました。その姿にショックを受けその場を離れてしまいます。幼い節子には母の体調が良くないから西宮の病院に入院すると伝えます。

その後、清太が母の元へ訪れた時には息をひきとった後でした。家を焼け出された清太と節子は親戚宅へと向かいます。清太は庭に埋めていた食料を掘り起こし親戚宅に持ち帰りました。

親戚宅

親戚宅に着くとおばさんは清太と節子を迎え入れてくれました。しかし、学校も行かず防火活動にも参加しない2人に対し、不満をぶつけるようになります。次第におばさんとの関係はギクシャクしてきます。

母の形見とお米

配給も疎かになり、おばさんは母の形見でもある着物をお米に換えてはどうかと持ちかけます。それを聞いてしまった節子はイヤだと駄々をこねます。

母の形見でかえたお米でしたが、おばさんは自分の子供達にばかり食べさせ清太と節子も不満を持つようになり、食事も別々にとるようになります。

家出と防空壕

親戚のおばさん宅を出る決意をした清太は母の貯金を下ろし自炊用の用具を買い揃え、池のそばの防空壕で生活し始めます。自由な生活を手に入れた清太と節子でしたが、次第に生活は困窮を極めていきます。

蛍とお墓

ある夜、清太と節子が空を見上げ特攻機だと清太が呟きます。幼い節子はその光を蛍の光みたいだと言います。清太が蛍を捕まえようと言い、真っ暗な蚊帳の中に蛍を放ちます。お互いの顔が暗闇の中で見えた事で無邪気にはしゃぎます。

翌日、蛍は死んでいました。節子が穴を掘っており、清太は何をしてるのか聞くと節子は蛍のお墓を作っているのだと言います。続けて節子はお母ちゃんもお墓に入っていると言い、母の死を隠していたが、おばさんが話してしまっていたのです。清太はいつかお墓に行こうと言います。

生きるための畑泥棒

食料は底をつき池のタニシやカエルまでを食べて飢えを凌いでいました。節子はお腹をくだし、衰弱していきます。清太は節子の為にと畑泥棒をします。畑泥棒が見つかってしまい清太は酷い暴行を加えられます。

そして清太は節子の前で警察に連れていかれます。警察からは調書作成のみで済みました。幼い節子がお医者さん行かないといけないと慰めると清太は泣き崩れ節子を抱きしめます。

終戦と父の戦死

節子の体調は日増しに悪くなる一方で清太は空襲に紛れて火事場泥棒をしながら生き延びます。しかし、遂に節子が倒れてしまいます。清太は節子を病院へと連れていきます。病院での診断は栄養失調による衰弱でした。薬も注射もなく、医者は滋養をつけなさいと言うだけの診断でした。

清太は滋養なんかどこにあるんですかと声を荒げます。衰弱し立つ事もままならぬ節子に食べたい物はないかと清太は聞きました。節子は、天ぷらにおつくり、ところてんと応えます。さらに清太が他にはないかと聞くと、節子はドロップがまた舐めたいと力なく応えます。

清太は節子の願いを叶える為に残りの貯金を全額下ろしに行こうとするが、節子は行かないでそばにいてほしいと言うのでした。清太はどこにも行かないずっとそばにいると言い銀行へ向かいます。

銀行で清太は日本が戦争に負け無条件降伏した事を知ります。清太は取り乱し父のいる連合艦隊がどうなったのかを聞きます。返ってきた返事は沈んで1隻も残っていないと言う残酷なものでした。手紙の返事も来ない理由を知り父の戦死を知るのでした。

節子の最後

清太が銀行から帰ると節子は衰弱し意識が朦朧としていました。清太は買ってきた食料を見せます。節子が何かを舐めているのに気付いた清太、節子はおはじきをドロップと思い込み舐めていたのです。清太が節子にスイカを見せ泥棒した物ではないと言うとスイカを1切れ食べさせると節子はおいしいと力なく応えます。清太は節子の為におかゆを作りに行きスイカを置いて離れます。節子は兄ちゃんおおきにと弱々しく応えると、もう2度と目を覚ます事はありませんでした。

二匹の蛍

清太は節子を一人で荼毘に付します。節子の小さな遺骨をドロップ缶に入れ山を降り、そのまま防空壕へは戻る事はありませんでした。そして、二匹の蛍が飛び清太と節子が現れ小高い丘の上から高層ビルが建ち並ぶ神戸の街を見つめるシーンで終わります。


登場人物

火垂るの墓に登場する登場人物を紹介します。

清太

本作品の主人公で14歳です。4歳になる、妹、節子の兄です。空襲で焼け出され幼い妹節子を連れ親戚のおばさん宅で生活する事になるが、おばさんとの関係が悪くなり節子を連れて家を出てしまいます。2人で生活するがすぐに食料は底をつき、節子は栄養失調に陥ります。節子の為に盗みを働くなど生きるため必死になりますが、節子は亡くなってしまいます。節子を荼毘に付した後、遺骨をドロップ缶に入れます。その後、清太自身も三ノ宮駅構内で力尽きてしまいます。

節子

節子4歳で清太の妹です。母の事をよく覚えており、母の着物をお米と交換しようとした時は駄々をこねたりしていました。ドロップが好きで喜ぶ姿が印象的です。栄養失調の為に汗疹や下痢になり、衰弱していき亡くなってしまいます。

清太と節子の母

清太と節子の母で、心臓を患っていました。空襲警報が発令され、避難する為、二人より先に防空壕へ向かいます。しかし、避難する途中に空襲の被害にあい、小学校に搬送されます。清太が駆け付けた時は瀕死の状態で、その後、亡くなってしまいます。

清太と節子の父

清太と節子の父です。海軍の大尉で、本作品では、回想シーンと写真でしか登場していません。連合艦隊壊滅の事実を清太が知ったのは終戦後でしたが、実際には安否不明です。

親戚のおばさん

清太と節子の父の従弟が夫です。清太と節子を一時的に預かりますが、関係が悪くなると、自分の子供にはご飯を出し清太と節子は雑炊にしたりしました。直接的に追い出しはしていませんが、引き止めもしなかった。

おばさんの娘

おばさんの娘で三つ編みにした女学生です。節子に下駄を買ってあげ、清太と節子が出ていった際、母にきつい言葉を使ったのではないかと清太と節子を気遣うシーンや清太と節子のご飯だけ雑炊であった時は居心地悪そうにします。

下宿人

学生で真面目そうな青年です。勤労奉仕に熱心に参加しているようです。清太と節子の事を気の毒そうに見つめるシーンがあるが、下宿人の為か折り入って擁護はしません。

火垂るの墓の原作者

火垂るの墓の原作者は野坂昭如さんです。自らの体験をもとにした短編小説で、1968年に直木賞を受賞しています。

野坂昭如さんは1930年生まれの作家、政治家、作詞家で歌手、そしてタレントとマルチに活躍されました。作詞家としては1963年に日本レコード大賞作詞賞を受賞した「おもちゃのチャチャ」があり本作品である「火垂るの墓」と「アメリカひじき」は1968年に直木賞を受賞されています。数々の名言を残し2015年に心不全の為、死去。享年85でした。

名作映画「男たちの大和/YAMATO」名言とあらすじネタバレ感想

火垂るの墓の感想とまとめ

いかがでしたか?名作映画「火垂るの墓」、冒頭で清太と節子が蛍となって舞い過去をフラッシュバックするという構成が見事です。節子の幼い独特の表情を豊かに捉えた描写はよりリアルにそして、鮮明に記憶に残る映画となっています。この映画「火垂るの墓」は反戦映画ではないというものの、過ちを2度と繰り返さないという戒めにもなっていると思えます。命の尊さ平和について考えさせられる映画であり、涙なくしては観られない名作映画「火垂るの墓」、今一度、ご視聴してみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。