名作映画「男たちの大和/YAMATO」名言とあらすじネタバレ感想

男たちの大和/YAMATO

男たちの大和/YAMATOは2005年に公開された映画で第2次大戦下における菊水作戦による戦艦大和の乗組員達の生き様を描いた作品です。

男たちの大和/YAMATO作品概要

男たちの大和/YAMATOは終戦60周年を記念して2005年に公開され同年興行収入一位に輝いた作品です。制作費約25億円をかけた超大作でもあります。

名作映画「硫黄島からの手紙」名言とネタバレ感想 

男たちの大和/YAMATOあらすじネタバレ

神尾の過去と内田真貴子

漁船を操る一人の老人神尾はかつて戦艦大和の乗組員でした。漁協組合が主宰する戦後60周年記念の式典に出席するよう頼まれますが、神尾は未だに過去と向き合う事ができませんでした。そんなある日、内田と名乗る女性が戦艦大和の沈没地点に連れていってほしいと漁協組合を訪ねて来ます。素性のわからないよそ者を連れていく者はなく、神尾の元へもやってきました。神尾が、話を聞くとその女性は内田と名乗り父の遺言で大和沈没地点に散骨してほしいと言うのでした。内田という名を聞き顔色が変わる神尾、内田真貴子は内田守の養女でした。彼女の養父である内田守は戦艦大和の乗組員で神尾の上官でもあったのです。運命的な出会いを果たした神尾は自身の過去と向き合う為、舟を出すことにしました。

神尾の過去

大和沈没地点へ向かう舟の中の神尾は過去の事を語ります。昭和19年、神尾は特別年少兵として憧れの不沈艦大和に乗船します。しかし、期待とは裏腹に彼らを待っていたのは過酷な訓練の日々でした。ある日、神尾はサイパン陥落の報を聞いた仲間と口論になるも上官である森脇に諭され丸く収まります。同じく上官の内田も厳しくも情熱を持ち指導していました。

レイテ沖海戦と大和出撃

大和と同型艦の武蔵と共にレイテ島沖の海戦に参加します。戦況は酷いもので数多くの仲間が傷つき命を落とします。上官である内田もこの戦いで負傷してしまいます。次第に日本は劣勢に立たされ米軍が沖縄上陸作戦を開始すると、再び大和が出撃する事になります。

戦艦大和の最後

戦艦大和が出撃する事になりますが、海軍指令部から出た出撃命令は一機の護衛もない水上特効でした。出撃前に乗組員達は休暇を貰います。それが最後であると覚悟を決め各々が思いも思いの時間を過ごします。翌日、大和に乗船すると、そこには病院にいるはずの内田が密かに乗り込んでいました。彼は最後まで大和と共に戦うという覚悟を決めていました。大和は沖縄を目指し進んでいくなかで、本作戦である特攻に対して若手将校たちが口論となり一触即発の危機になるも白淵大尉に諭されます。そして、遂に雲の彼方から米軍の艦載機が姿を表します。その数はそら1面を覆うほどでした。激しい戦闘の末、神尾達の仲間は次々と倒れていきます。北緯30度43分東経128度4分地点で遂に戦艦大和は撃沈されてしまいます。

上官・親友との別れ

沈み行く戦艦大和から冷たい海に投げ出された神尾と親友西哲也、励ます神尾の声も虚しく西は力尽き冷たい海へと消えていった。神尾自身も限界が近づき諦めかけたその時、神尾を救ったのは上官の森脇でした。森脇は他の仲間を救出すべく再び沈没した大和に向かい、二度と戻って来る事はありませんでした。

自責の念

大和沈没後、森脇に助けられた神尾が向かったのは親友である西哲也の実家でした。西の母親サヨに神尾は西が戦死した事を告げます。息子の死が受け入れられないサヨは、神尾に対して自分だけが生き残って帰ってきた事を責め立てます。サヨは西が送金してくれたお金で買った田んぼだと紹介します。神尾は1人田植えを手伝います。そしてサヨは田植えのお礼だと当時貴重だった握り飯を差し出します。すると神尾は握り飯を置きその場で土下座し自分だけ生き残った事を詫びます。その光景をみたサヨは泣き崩れ土下座して神尾を責めた事を詫び死んだらいけない生きろと諭します。その後、広島、長崎へ原子爆弾が投下され日本は敗戦しました。

生かされた涙

神尾はこの大戦で母も兄弟も恋人も失っています。意識を取り戻した神尾は内田が今までに15人もの孤児を引き取り育てたと聞き、内田の生き様と自分が生かされた意味を知り神尾は大粒の涙を流し戦後60年経ちようやく過去の自分と向き合えたのです。

登場人物

男たちの大和/YAMATOに登場する人物を紹介していきます。

神尾克己(松山ケンイチ)

本作品である「男たちの大和/YAMATO」の主人公です。戦艦大和の乗組員であった過去の神尾克己です。戦争によって全てを失い過酷な運命を背負う事になります。

松山ケンイチさんは1985年生まれの日本の俳優です。2001年にモデルデビューし2002年にドラマ「ごくせん」で俳優としてデビューします。2008年「デトロイトメタルシティ」と2016年「聖の青春」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞する等、数多くの映画やドラマに出演し活躍されています。

神尾克己(仲代達矢)

戦艦大和に乗船し水上特効を経験した数少ない生き残った1人です。過酷な運命を背負う神尾が過去と向きうきっかけとなる内田真貴子と出会い過去に向き合う為、戦艦大和の沈没地点へと向かうのでした。

仲代達矢さんは1932年生まれで劇団俳優座出身の俳優です。日本を代表する俳優の1人で受賞歴は日本のみならず海外の賞も獲得しています。1996年紫綬褒章受章し、2003年には勲四等旭日小綬賞しています。2007年に文化功労者受賞、2015年に文化勲章を受賞しています。文化勲章を受けるのは5人目となる快挙、翌年には映画主演をし果たし、文化勲章を受賞後に映画主演をした俳優は史上初となる偉業を達成しています。

森脇庄八(反町隆史)

神尾の上官です。サイパン陥落の報を聞いた神尾達の喧嘩の仲裁に入ったりと面倒見が良く信頼される上官です。仲間を救出する為に沈み行く大和に向かい二度と戻って来る事はなかった。

反町隆史さんは1973年生まれでデビュー当初はジャニーズJr.に所属していました。16歳でモデル事務所に入りパリコレにも出演しています。1994年に「毎度ごめんなさぁい」で俳優デビューし、1997年、1998年に「ビーチ・ボーイズ」や「GTO」に出演し大ブレークし、最高視聴率35.7%という記録を打ち立てました。以後、ドラマや映画にと活躍されています。

内田守(中村獅童)

神尾の上官で内田真貴子の養父です。レイテ沖海戦で負傷し病院を抜け出し密かに大和に乗り込んだり、部下を守る為、体罰を加える上官に噛みついたりと男気のある人物です。戦死したと思われたが実は生きていました。その遺言は大和沈没地点に散骨してほしいというものでした。

中村獅童さんは1974年生まれ歌舞伎の名門小川屋の長男で歌舞伎役者としても知られています。2002年公開の「ピンポン」で各新人賞を総なめにし5冠を受賞します。以後、歌舞伎にドラマや映画、声優など多岐に渡り活躍されています。

内田真貴子(鈴木京香)

内田守の養女です。大和沈没地点で父の遺言通り散骨する為に漁協組合を訪れ、神尾と出合います。

鈴木京香さんは1968年生まれのモデル出身の女優です。1988年に芸能界入りし、翌の1989年公開の「愛と平成の色男」で女優デビューします。三谷幸喜作品では常連となる程の実力で、数多くの賞を受賞されています。また、2011年の東日本大震災後の「NHK東日本大震災復興プロジェクト」にも参加されています。

野崎妙子(蒼井優)

神尾の幼なじみで神尾の恋人です。大和出撃時に想いを打ち明けます。呉の軍需工場で被爆してしまいその後、亡くなってしまいます。

蒼井優さんは1985年生まれの女優です。1999年に「アニー」のポリー役でデビューし、2001年公開の「リリイ・シュシュのすべて」で映画デビューします。以後、数多くの賞を受賞し映画やドラマに活躍されています。

西哲也(内野謙太)

神尾の親友です。絵が得意で、故郷に残した母に想いを馳せ、僅かな仕送りも欠かさない母想いの心優しい少年です。大和沈没時、神尾の励ましも虚しく力尽き戦死してしまいます。

内野謙太さんは1985年生まれで映画出演作は2001年に「リリイ・シュシュのすべて」、2003年の「 さよなら、クロ」等があります。NHK連続テレビ小説「わかば」にも出演していました。

西サヨ(余貴美子)

西哲也の母親です。神尾から息子の戦死の報を受けるも受け入れられず、神尾に辛く当たります。土下座して謝罪する神尾に泣き崩れ死んだらいけない生きろと強く諭します。

余貴美子さんは1956年生まれで1976年にオンシアター自由劇場に入団します。その後、活躍をテレビや映画に移し、2008年と2009年には日本アカデミー賞優秀助演女優賞を史2年連続で受賞しています。これは史上6人目となる快挙です。以後、数多くの賞を受賞し、映画やドラマにと多岐に渡り活躍されています。

伊藤整一(渡哲也)

戦艦大和を率いる第2艦隊司令長官で実在した人物です。護衛機なしの水上特攻に反対の意を唱えるも一億総特攻の魁となるよう説得され引き受けます。最期は戦艦大和と運命を共にしました。

渡哲也さんは1941年生まれで1964年に日活に入社し、1965年に映画でデビューし、数々の賞を受賞します。1971年に石原裕次郎の尊敬から石原プロモーションに入社します。1974年には「くちなしの花」が大ヒットし紅白歌合戦にも出場しています。その後、テレビドラマ「西武警察」等に出演し角刈りにサングラスがトレードマークとなりました。1987年に石原裕次郎が52歳の若さで死去。石原プロモーションの二代目社長となります。2005年には紫綬褒章を受章しています。2011年に石原プロモーションの社長を退任し、2017年に石原プロモーションの相談役として復帰しています。

【映画】もののけ姫 あらすじネタバレと感想

海上自衛隊全面協力でよりリアルに!

本作品である「男たちの大和/YAMATO」は海上自衛隊全面協力の元、護衛艦「比叡」の機関室を大和の機関室として撮影し、航路跡もCGを使い使用しています。劇中、大和に乗船する際に使用されたタラップは掃海母艦「ぶんご」の物でCG合成により撮影されました。これらの協力の元、撮影された「男たちの大和」はよりリアルに描かれた作品となっています。

男たちの大和/YAMATOの名言

本作品である「男たちの大和/YAMATO」で心を揺さぶる名言が登場しています。名言を紹介していきます。

神尾克巳

生き恥をさらしたのではなく、わしも生かしてもらったんじゃのう…。

森脇庄八

残る桜も散る桜だ

内田守

死んだら戦えん。生き抜くために戦うんだ。

臼渕大尉

敗れて目覚める、それ以外に日本が救われる道はない

今から故郷に向かって別れを告げろ。泣いてもいい。これも死ニ方用意の一つだ

武士道とは 見返りを期待せずに、死ぬ覚悟を持つこと。
士道とは 死ぬ覚悟を内に秘めて 人に恥じない生き方をすること。
死ぬ覚悟と・生きる覚悟、
覚悟を決める事は 生易しい事じゃない

伊藤整一

ただ一人の兵も無駄に死なせるわけにはいかん。

野崎妙子

明日香丸じゃ。明日に香ると書くんね。明日に咲く花という意味もあるんよ…。

元祖キョンシー!霊幻道士を徹底解説!ネタバレと感想

男たちの大和/YAMATO感想まとめ

いかかがでしたか?男たちの大和/YAMATOは戦艦大和を見事に再現しています。リアルな戦艦大和だけでなく時代に翻弄されて行く若き年少兵達の青春や心の葛藤が描かれています。戦後何年経とうが決して忘れてはならない記憶であり再び同じ過ちを繰り返す事がないよう本作品である「男たちの大和/YAMATO」は訴えています。命を懸けて守ろうとした日本、現在の日本は彼らが望んだ未来なのでしょうか?今一度、本作品である「男たちの大和/YAMATO」をみて考えてみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。