謎多きピラミッド未だ解明されない7つの謎!

ピラミッドそれは古代のエジプトにあり様々な題材にされています。古代に建設された謎多きピラミッド。古代に栄えた王のお墓といわれています。このピラミッドには未だに解明出来ない謎があるのをご存知ですか?今回はそんな謎多きミステリアスな古代ピラミッドについてを調べてまとめてみました。

ピラミッドとは?

ピラミッドは、巨大な石を市角錐状に積み上げて、内部に通路や部屋を作った建造物でエジプトや中南米などに存在する遺跡です。ピラミッド本体には北面に入り口があり、玄室と思われる部屋に至る道や「重力分散の間」と呼ばれる謎の機構など、未解明の部分が多数存在する遺跡です。太陽光を模したものであるという考えや、王が天に昇る階段としての役割があったと考えられています。また、付随する葬祭殿との複合体として考えるべき特徴を持っています。一般的には奴隷達の強制労働により完成された王の墓であるとされています。しかし、1990年代に入りギザの大ピラミッド付近でピラミッド建造に携わった人々の住居跡や墓が発見され、ピラミッド建設の際の道具や、怪我をした人の手術跡など高度な外科治療が施された人骨が発見されています。女性や子供達の骨も発見されている事から、家族で生活している事が推測されています。この事からピラミッド建設に関わっていたのが奴隷ではなかった事が考えられ、専属の労働者がいたとも考えられています。

世紀の大発見!ホントにあった埋蔵金!

ピラミッドの定説

ピラミッドは近年、最も有名な「王墓説」が王家の墓が別に発見されている事から否定傾向にあります。ピラミッドが「なんのために」作られたのか?「日時計説」「穀物倉庫説」「宗教儀式神殿説」「天体観測施設説」など数多くありますが、定説はありません。

ピラミッドパワー

ピラミッド型には謎の不思議な力が宿るとされています。1930年にピラッミッド内部の遺体が脱水状態である事を不審に思い実験したのが始まりと云われています。腐敗を防ぐ説や悟りを開けるといった説が存在します。

ピラミッド古代超文明説

ピラミッドの建造方法が解明されていない為、宇宙人が建造した説や古代文明には現代技術を凌駕するほどの超文明があったという説があります。

日本のピラミッド説

日本にも自然の山にみえるが、実は人工的に建造されたとされるピラミッド型の建造物が存在するのだという説があります。

フリーメイソン建造説

ピラミッドの建設には秘密結社である「フリーメイソン」が関わっているとされる説があります。「フリーメイソン」のシンボルマークであるブロビデンスの目にピラッミッドが記してある事やロッジに「スフィンクス・ロッジ」等、エジプトピラミッドに関する名前が多くつけられている事、石工組合が存在していたという説があります。さらに、近年発見された集落には「フリーメイソン」を連想させるロッジが発見されています。

世界の謎の遺跡!~未だに解けない謎多き古代のロマン~ 

ピラミッドの未だに解明されない謎

ピラミッドの謎について迫って行きたいと思います。解明されていないピラミッドの謎をみていきましょう!

1.ピラミッドの接直面

ピラミッドの石と石を接着する面に使われている素材は科学的に構成は解明されてるが石よりも高い強度を持っておりいったいどこから手に入れた物なのかは、【謎】のままです。そして、それを作りだす事も実現できていません。

2.ピラミッドの建築精度

ピラミッドは約2500kgもの巨石を約250万個積み重ねて作られています。そして、側面は東西南北と平行に作られています。その誤差は、現代建築でも実現できない程の精度だといわれています。その誤差は、わずか100分の5度です。

3.ピラミッドの配置

3大ピラミッドのクフ王、カフラー王、メンカウ王、これらの墓の配置はオリオン座の中央にある3ツ星と同じ配置であると言われていますが、実は今の位置からは微妙にずれているのです。しかし…約1万2500年前のオリオン座の3つ星とは完全に一致しているのです。

4.ピラミッド新たな謎の空間

日本人研究者が活動している、国際研究チームが、最新技術を利用した測定の結果、クフ王のピラミッドの中に今まで知られていなかった、謎の空間が発見されています。その空間は全長30メートルに及び巨大な謎の空間であることがわかっているそうです。

5.ピラミッド内の照明

ピラミッドの内部には、明かり台がありません。古代エジプトでの照明は松明のはずですが、壁や天井にはススの跡が、どこにも見あたらないのです。どうやって照明を確保していたのかは未だに謎のままです。

6.ピラミッドの内部温度

寒暖差の激しい砂漠そんな過酷な砂漠に建つピラミッドですが、実は内部の温度は約20℃と快適といわれています。また食材も腐りにくい…らしいです。

7.ピラミッドの扉

ピラミッドの扉には可動式の扉が発見されています。扉の重さ約20トンの重さですが、内部からはちょっとした力で動くように作られていました。また一度閉めてしまうと相当な力を加えないと開かないような作りになっているのです。

謎多きピラミッド未だ解明されない謎まとめ

いかがでしたか?ピラミッドの謎…古代の文明はもしかすると私達の想像を遥に超える文明を誇ったのかもしれませんね。これほどの技術を持ちながらいったい何故?そして、開かずの間には何が存在しているのか?謎はいつも探求心を擽ります。ピラミッドの謎…いつか解明される日がくるのでしょうか?古代のロマンに創造を膨らませ夢見て話のネタにするのも楽しいですよ!

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。