名作アニメ「もののけ姫」真相追求!謎の精霊「こだま」の正体はトトロ!?実在したモデルとは?

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」彼らは突如現れ悪さをする事もなく謎に包まれています。首を回して独特の「カラカラ」音を奏でる「こだま」今回は謎の精霊「こだま」が主役です。謎の精霊「こだま」の正体は「トトロ」となのか?「こだま」には実在するモデルがいた?そんな数多くの噂がネット上で囁かれてます。謎多き「こだま」と「トトロ」との関係や「こだま」の歴史、首ふりの理由を考察し、実在する「こだま」のモデルなど謎多き精霊「こだま」の真相に迫ります!

もののけ姫

「もののけ姫」とは1997年に公開されたスタジオジブリ制作「宮崎駿」監督作品の一つです。中世の日本を舞台に「祟り神」に呪われた青年「アシタカ」が呪いを解く為に旅をする物語で自然との共存等、考えさせられる作品でもあり日本のみならず海外でも高い評価を得ている作品です。

もののけ姫 作品情報

「もののけ姫」は1997年に公開された宮崎駿監督作品でスタジオジブリ製作の長編アニメ映画です。当時の日本映画の歴代興行収入記録第1位となる193億円、観客動員数は1420万人を記録していました。2020年にこの記録を抜く作品「鬼滅の刃無限列車」となっていました1999年に金曜ロードショーで初めて放送されると関東で35.1%、西日本では40.8%の高視聴率を記録しています。受賞歴は第1回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞、第15回ゴールデングロス賞最優秀金賞特別功労大賞を受賞、第39回毎日芸術賞・映像・映画部門エランドール賞・特別賞受賞、日本映画ペンクラブ・97年度ベスト5日本映画部門1位を獲得、ブルーリボン賞にて特別賞、文化庁優秀映画・優秀映画作品賞を受賞、さらに第39回日本レコード大賞・作曲賞、アルバム企画賞(サントラ)を受賞しています。

もののけ姫 あらすじ

名作アニメ「もののけ姫」のあらすじを紹介します。室町時代の日本を舞台とし村を襲おうとした「祟り神」を退治した「アシタカ」が、死の呪いを受け呪いを解く為に西へと旅立つ…。

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」は森に住む精霊です。「デイダラボッチ」を呼ぶとされ恐れられています。アシタカ曰く「すきにさせておけば悪さはしない。森が豊かなしるしだ」と語っているように作中では首を振りカラカラと音をたてチョコチョコ動き回っている。某アニメのように茶碗の風呂には入らないのである。

木霊は樹木に宿る精霊です。山や谷で音が反響し反って来る現象の山彦は、木霊とも呼ばれており彼らの仕業であるとされています。

こだまの歴史は?

「こだま」の歴史は古くギリシア・ローマ時代の神話にもみられ、日本では平安時代の辞書「和名類聚抄」に「古多万」という記述が存在しています。また、「古事記」や「源氏物語」にも登場している。「こだま」は当時、怪火や獣、人間に恋をした木霊が人間に化け会いに行ったりと、古木を切ると木から血が出たりと様々な説が存在している。「こだま」の歴史は日本だけでなく世界でも同様に樹木信仰として登場している。

こだまの首振りには意味がある!? 

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」の首振りについて、謎の精霊「こだま」は無機質に首を振ります。そのしぐさが不気味で怖いと云われていますが、この首振りには意味があるとされています。ここでは謎の精霊「こだま」の首振りの意味について考察していきます。謎多き精霊「こだま」の首ふりの秘密に迫ります!

会話している

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」の首振りについて考察していきます。まず「会話している」のではないか?という考察ができます。彼らは首を振るとカラカラと音が鳴ります。この首を振るときの音が「こだま」同士でまるで会話をしているようにみえます。彼らは首を振り音をたて会話をしているのではないかと考察できます。

呼吸している

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」の首振りについて考察していきます。彼らの首振りの意味として考えられるひとつに「呼吸」をしているということがあります。「こだま」の顔には無数に穴が空いています。「こだま」はこの無数の穴で呼吸をしているのだと考察できます。樹木の精霊である彼らは首を振り空気を取り込む事で樹木と共に共存しているのだと考えられます。

こだまのモデルとは?

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」にはモデルが存在すると云われています。突然現れては突如として姿を消したりと縦横無尽に走り回る謎の精霊「こだま」のモデルとなったのは何なのか?某アニメのオヤジではない事は確かである。さっそくみていこう!

屋久島で生まれた?

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」のモデルについて、「こだま」が誕生したのは屋久島が大きく関係しています。作中でも登場する古代の森、シシ神が住む森のモデルが屋久島です。そこでは、写真を撮ると(不思議な何か)が写る時があるそうです。この「こだま」は「森に何かがいるのが見えるスタッフ」が誕生させたものだと宮崎駿監督は語っています。「森に何かが見える」その何かを具現化したのが「こだま」であるとされています。

キジムナー

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」のモデルは、「キジムナー」なのではないかとも云われています。「キジムナー」とは沖縄のカジュマルの樹に宿る精霊です。グルクンの目玉が好物で獲れた魚の目玉がないのは「キジムナー」の仕業とされる。「キジムナー」に気に入られると金持ちになったり大漁となったり、その家は栄えるとされている。しかし、「キジムナー」の宿る木を焼く、釘を打ち込んだりするとその家は滅びると云われている。この「キジムナー」が「こだま」のモデルではないかと云われている。木に宿る精霊という共通点からモデルと云われているのかもしれません。

こだまの正体!

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」特に悪さやイタズラをするでもなく突如現れては消える。仕草や動作を真似たりしている描写が愛くるしい「こだま」そんな謎に包まれた精霊「こだま」の正体について考察していきます。謎多き精霊「こだま」の正体に迫ります!

オーブ

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」の正体、それは「オーブ」であると考えられます。屋久島で写真を撮ると無数の光が映りこむことがあるそうです。これを「オーブ」と呼びます。「オーブ」にはそれぞれ目や口がついているように見えるものがあります。この「オーブ」が「こだま」の正体だと云われています。

オーブの正体は?

「オーブ」は、カメラのレンズと光の屈折などの関係で発生するとされています。森には朝露や雨など植物に水滴がつくことがあります。「オーブ」はその植物についた水滴が、カメラのフラッシュに反射して発生します。「オーブ」には目や口のような穴が空いているのでは?という疑問が残ります。これは水の粒が光の屈折により、目や口のように見えるのだと科学的に解明されているようです。これが「オーブ」の正体です。

首振り時の音の正体は?

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」彼らが現れると無機質に首を振ります。その際、カラカラと音が鳴ります「デイダラボッチ」が登場するシーンで、彼らはいっせいにカラカラと音を鳴らします。この時のカラカラ音の正体は「ロマンアルバムもののけ姫」にて語られています。カラカラ音の正体、それは「カスタネット」です。この「カスタネット」は様々な効果音で使用されているそうです。因みにアシタカの相棒「ヤックル」の足音は「ガムテープ」を使っているそうです。

こだまの正体はトトロ!?

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」の正体が「トトロ」だと噂されています。「トトロ」は言わずと知れた「宮崎駿」監督の代表作品の1つです。「トトロ」は「こだま」同様に謎に包まれています。ここでは「こだま」が「トトロ」だと噂されている真相を追及していきます。気になる「こだま」と「トトロ」との関係とは?謎の精霊「こだま」の真相に迫ります!

トトロとの関係

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」と「トトロ」の関係について、劇中ラストシーンでシシ神の森に一匹だけ「こだま」が登場しています。この一匹が「トトロ」と大きく関わっているとされている。「もののけ姫はこうして生まれた」では、この最後に登場する一匹の「こだま」が後に「トトロ」となると語られています。「宮崎駿」監督がインタビューにて、それがトトロに変化したって、耳が生えていたってことにすれば、首尾一貫するんです。なんだかわけわかんないけどと笑いながら応えています。

名作アニメ「もののけ姫」真相追求!謎の精霊「こだま」の正体はトトロ!?実在したモデルとは?まとめ

名作アニメ「もののけ姫」に登場する謎の精霊「こだま」彼らのモデルは複数存在していた。太古の森に住む精霊で森が豊かな証として登場しています。彼らが不思議な森に住む「トトロ」と大きく関わり彼らが後に「トトロ」へと変化してもおかしくはない。謎の精霊「こだま」彼らは今も尚、森を守る為、秘境で人知れずカラカラ音をたてているのかもしれませんね。この愛くるしい謎の精霊「こだま」に注目して「もののけ姫」をご覧になって観てはいかかでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。